京都府の外壁塗装・屋根塗装ならシンセイ株式会社(プロタイムズ福知山店・京都西店)へお任せください!

スタッフブログ

シーリングの劣化、種類、メンテナンスについて

★★・‥…―━━━―…‥・・‥…―━―…‥・・‥…―━━━―…‥・★★

スタッフブログをご覧いただきありがとうございます。

 

京都府福知山市・京都市・滋賀県大津市の塗装会社

シンセイ株式会社

プロタイムズ福知山店の丸田です。

 

福知山市、綾部市、舞鶴市、京都市、長岡京市、亀岡市、大津市で

外壁塗装・屋根塗装・リフォーム工事なら

地元密着施工で安心の

【シンセイ株式会社】にお任せください!

★★・‥…―━━━―…‥・・‥…―━―…‥・・‥…―━━━―…‥・★★

こんにちは😋😋

もぅ9月に入り、1年の折り返し地点を過ぎ

秋になり2023年も終わりに近づいているな。と思いながら

四季折々、「秋は紅葉」「冬は山雪」等の景色などを

楽しみながら

過ごしたいと思っています。

秋には、美味しい食べ物が沢山ありワクワクです🤣✨

サンマ🐡を食べる事が楽しみです‼

サツマイモご飯がたべた~い😋と、食べることばっかり

考えています(・∀・)ニヤニヤ

食べることが大好きな私にっとっては幸せです😋💕💕

 

 

今回は、シーリングの劣化についてご説明致します

 

私もつい最近まで、シーリングについてよくわからなく

シーリングの役割等を理解できてませんでしたが、

もぅ完璧に分かったので

是非、皆さんにも知って頂きたいと思います。

 

早速なのですが

 

シーリングの劣化ってなぜする?

シーリングの劣化ってなぜするのか、

主な劣化症状について2つご説明致します😉✌✌

 

1つ目は、

紫外線です❕

おおきな劣化原因は、紫外線になります。☀☀

紫外線によって、材料そのものが変質していってしまいます。

コーキング材の中に柔軟性を保つために、可塑剤という成分が

含まれています。

その含まれている、可塑剤が紫外線に弱く、

すぐに劣化してしまい、

シーリングの弾力性を著しく、低下させてしまいます。

 

人間の肌も紫外線は大敵ですよね😥💦💦

 

2つ目は、

変形の繰り返し❕❕

シーリングは、地震や熱による建材の膨張、伸縮を吸収し

建材が割れてしまうことを防ぐために必要なのですが、

それによって段々劣化をしてしまいます。

弾力性を失ったシーリングは、破断やひび割れが発生し、

家の中に水が入るリスクを高めてしまうので、

早めのメンテナンスが必要です。

 

シーリングの劣化症状の種類‼

次にシーリングの劣化症状の種類についてご紹介いたします。

 

まず1つ目

外壁とシーリングの間に隙間ができるのは、         破断(はだん)です。

写真の通り、外壁とシーリングの間に隙間にができるのが

破断と言います。

原因は、シーリングの弾力性がなくなり膨張や伸縮に

耐えきれなくなって破断してしまいます。

 

 

2つ目は、

シーリング材の真ん中が切れるのは、ひび割れ

写真のように、シーリングが割れたようにひび割れすることです。

 

原因としましては、シーリングが固くなって

古くなってすぐに切れてしまう輪ゴムと同じような症状です。

 

 

3つ目は、

シーリングが、取れ、剥がれているのは、      欠損(けっそん)

と言った、劣化症状があります。

 

2つ目のひび割れと同じような症状で、

2がひどくなると欠損になります。

 

そしてあと一つ、

 サッシ周りのシーリング

 打ち替えor増し打ちどちらがいいかをご存じですか?

ネットなどによく増し打ちの方が良いと書いてあるのを

見かけられると思います。

それは、本当は間違いです🤨

打ち替えの方がいいです✨✨

何故なのか、簡単にはなりますが…説明いたします❕❕

増し打ちは、元あったシーリングの上から打つのですが、

それは、劣化の上から新しく補充するので、

とても薄くなってしまい耐久性がありません。

打ち替えだと、古くなったシーリングを取り、新しいシーリングを打つので

増し打ちより耐久性が長くなるので絶対に打ち替えの方が良いです✨✨

 

 シーリングのメンテナンスについて

シーリングのメンテナンス方法についてさらに詳しくご紹介させて頂きます😊✨

 

シーリングの寿命って短いのですが😥💦

しかし、家を守る為に役割をしっかり持っていて大切なのです😭

皆さんの家のシーリングは大丈夫ですか?

 

シーリングのメンテナンス方法を2つご紹介します。

 

まずは、

打ち替え

打ち替えをご存知でしょうか?

打ち替えは、元あったシーリングを取り除き、

新しいシーリングを注入する事です。

 

次に、

増し打ち

増し打ちは、元あった古いシーリングの上から

新しいシーリングを注入する事です。

 

大きくこの2つが主なシーリングメンテナンスになります。

 

  • 二つの違いは、新しくシーリングを1から注入をするか、

古いシーリングの上から注入するかの違いになります。

 

 

シーリングをしっかり注入してあげる事や、

家のメンテナンスは、

家を雨水から守ってあげる事が目的です。

ちょっとしたひび割れから、壁内に雨水が浸入すると

中の断熱材や木材が腐敗し、カビ発生の原因なりますので、

家の外壁等、気にかけてあげるのが大切です。

 

 

★★・‥…―━━━―…‥・・‥…―━―…‥・・‥…―━━━―…‥・★★

福知山市、綾部市、舞鶴市、京都市、長岡京市、亀岡市、大津市で

外壁塗装・屋根塗装・リフォーム工事をされるなら!!

一度、【シンセイ株式会社】に、

お声がけくださいませ( •̀ ω •́ )✧

 

LINEでも気軽にお問い合わせください!

~ シンセイ株式会社公式LINEはこちらから ~

https://lin.ee/S5rkwEI

~シンセイ株式会社インスタグラムはこちらから~

https://instagram.com/sinsei.1116?igshid=MzRlODBiNWFlZA==

 

★★・‥…―━━━―…‥・・‥…―━―…‥・・‥…―━━━―…‥・★★

 

 

 

人気記事

お問い合わせはお気軽に!
ご都合にあわせてお問い合わせ方法をお選びください。


    簡単!30秒で無料診断を依頼

    希望内容任意

    お名前必須

    連絡先必須

    希望店舗必須


    簡単!30秒でお見積もり依頼!!

    職人募集!

    塗装工事を一緒に行ってくれる
    協力業者様を募集します!

    職人スタッフ 協力業者様募集
    お問い合わせ
    • ショールーム来店予約
    • 無料イベントお申し込み
    • お問い合わせ 無料お見積り
    to top