京都府の外壁塗装・屋根塗装ならシンセイ株式会社(プロタイムズ福知山店・京都西店)へお任せください!

スタッフブログ

色選びのポイント① 面積効果とは?

★★・‥…―━━━―…‥・・‥…―━―…‥・・‥…―━━━―…‥・★★

 

ご覧いただきありがとうございます。

 

プロタイムズ京都西店|シンセイ株式会社 宮本です。

 

屋根・外壁の塗装なら

地元密着施工で安心の

【プロタイムズ京都西店|シンセイ株式会社】にお任せください!

 

★★・‥…―━━━―…‥・・‥…―━―…‥・・‥…―━━━―…‥・★★

 

先日カラーコーディネーターの試験を受けてきました!

外壁や屋根について知ることももちろん大切ですが、

せっかく塗装するなら素敵な色にしたいですよね。

そういった方々に少しでも色を選ぶサポートをできればと思い、受験しました。

結果は合格✨

次はもう1つ上のクラスを受けようと思っております!

 

今回のブログでは、

カラーコーディネーター試験の勉強を通して学んだことを

発信したいと思います。

 

 

 

面積効果とは?

 

みなさん、

面積効果』という言葉をご存じですか?

外壁塗装するうえで重要になるもののひとつです。

塗装する際にはカラーサンプルや色見本をみて

色はどうするか決めていくと思うのですが、

やはり見本と実際塗ってみてのカラーの感じ方は全然違います。

その大きな原因が、面積の差です。

面積の大きさで同じ色でも違った色に見えたり

明るく見えたりします。

 

これを『面積効果』といいます。

 

実際の例をみてみましょう!

 

明るい色

下の図を見てください。

どちらも全く同じ赤ですが、

小さい方が暗く濃い赤に見え、

大きい方が明るく鮮やかな赤に見えませんか?

 

明るい色は、

小さい面積になるほど暗く鈍く

大きい面積になるほど明るく鮮やかな印象を与えます。

 

 

暗い色

では暗い色はどうでしょうか。

 

 

こちらはどちらも同じ灰色です。

 

暗い色は明るい色と反対で、

小さい面積になるほど明るく見え、

大きい面積ほどより暗く見えます。

 

 

この画面上だとここまでしか伝えられないですが、

実際の面積はもっと大きな差がありますよね。

 

 

これが、実はトラブルに繋がったりもするのです。

 

〈 実際塗ってみたら思ってた色と違った 〉

〈 こんなはずじゃなかった 〉

 

様々なお言葉を頂きます。

 

 

これは、面積効果によるものが大きく、

見本で見ていた色そのままだと思っていたら、

実際大きな面積の外壁に塗ってみると

色が薄く感じたり暗く見えたりするため、

想像と大きく異なった印象を受けるのです。

 

 

外壁塗装は、人生の中でも高額なお金が動くタイミングです。

また、生涯2~3回あるかないかというもの。

ということは、一度色を決めてしまえば、

その色と10年15年はお付き合いしていくことになります。

今後の生活のためにも、色選びは失敗したくないですよね。

 

とはいえ、見本にも限界があり、

実際塗ってみないとわからないなんて、

ある意味ギャンブルみたいなもの・・・

 

そこで、少しでも皆様のサポートになれるように、

この面積効果を考慮した色選びのポイントを

また来週 ご紹介致します!

 

 

最後までご覧いただきありがとうございました♪

 

★★・‥…―━━━―…‥・・‥…―━―…‥・・‥…―━━━―…‥・★★

京都府で屋根・外壁の塗装をするなら!!

一度、【プロタイムズ京都西店|シンセイ株式会社】に、

お声がけくださいませ(^^♪

 

LINEでも気軽にお問い合わせください!

シンセイ株式会社公式LINE・・・https://lin.ee/S5rkwEI

よろしくお願い致します☆

★★・‥…―━━━―…‥・・‥…―━―…‥・・‥…―━━━―…‥・★★

人気記事

お問い合わせはお気軽に!
ご都合にあわせてお問い合わせ方法をお選びください。

メールの方はこちら
 相談・見積・診断 無料
福知山店TEL 京都西店TEL 大津におの浜店TEL メールでのお問い合わせ

職人募集!

塗装工事を一緒に行ってくれる
協力業者様を募集します!

職人スタッフ 協力業者様募集
お問い合わせ
  • 無料イベントお申し込み
  • お問い合わせ・無料お見積もり
to top